投稿日: カテゴリー NEWS一部商品の名称を変更いたしました にコメントを残す

一部商品の名称を変更いたしました

Rice Wareでは、これまで元の英語商品名称にを活かすかたちで、日本語商品名称を設定しておりましたが、子ども向けの商品がわかりづらい等のお客様からの声を受けまして、一部商品名称を変更いたしました。変更されました商品は以下の通りです。
 
1901 キッズ・ディナーウェア・セット ⇒ 子ども向けディナーウェア・セット
11001 キッズ・ディナー・プレート ⇒ 子ども向けランチ・プレート
11002 キッズ・スナック・プレート ⇒ 子ども向けスナック・プレート
11003 パンダ・ディナー・プレート ⇒ パンダ・ランチ・プレート
12006 パンダ・キッズ・ボウル ⇒ パンダ・スープ・ボウル
12001 キッズ・ヌードル・ボウル ⇒ 子ども向けヌードル・ボウル
12002 キッズ・スナック・ボウル ⇒ 子ども向けスナック・ボウル
12005 キッズ・スープ・ボウル(M)  ⇒ 子ども向けスープ・ボウル
14001 スプーン ⇒ 子ども向けスプーン
14002 フォーク ⇒ 子ども向けフォーク
14005 スープ・スプーン ⇒ 子ども向けスープ・スプーン
21004 サイド・ディッシュ・プレート(深) ⇒ 副菜用プレート(深型)
21005 サイド・ディッシュ・プレート(浅) ⇒ 副菜用プレート(浅型)
24002 はし(6 膳入り)  ⇒ 長めのおはし(6膳セット)
 
以上となります。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、以後は変更後の商品名にて、変わらぬご支持をいただければ幸いです。なお、品番及びJANコードは、変更ありません。
 
今後も農業廃棄物の循環利用を実現した、エコ+抗菌のRice Ware商品をよろしくお願い申し上げます。
 

投稿日: カテゴリー NEWSもみ殻たちがクラウドファンディングに挑戦します! にコメントを残す

もみ殻たちがクラウドファンディングに挑戦します!

Rice Ware(ライスウェア)がMakuake(マクアケ)でクラウドファンディングやります!

と言われても、どんな意味だかさっぱり分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
現状日本で一般的に言われるクラウドファンディングとは、、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題をこんなふうに解決したい」といったアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、インターネットサイト(プラットフォーム)を通じて、自らのプロジェクトを発信し、世の中の共感した人々から広く資金を集める方法です。 同時にプロジェクト(=製品、アイディアなど)の知名度そのものを高める効果もあります。
 
crowd (群衆)+funding(資金調達)が語源となっています。
 
Rice Wareでは、2017年5月にさらなる人気ラインナップの登場を実現させるべく、2017年2月24日から2017年4月28日まで、このクラウドファンディングを実行します。冒頭のMakuakeというのは、プロジェクトの情報をネット上で発信するためのプラットフォームのひとつで、株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング社が運営しています。今回はこんな感じで、「まな板」推してます!
 
01

・Rice Wareのまな板がなんともみ殻でつくられていること
・もみ殻には天然の抗菌作用があること
・だからもみ殻でつくったまな板は安心安全!
・更に産業廃棄物であるもみ殻を再活用することで、野焼きを減らして地球の空を青く!
・安心な製品が使うことで、更には環境にも貢献(ECO)できる本プロジェクトへの支援をお願い申し上げます!

というのが今回のテーマです。
 
実際のMakuakeでの当プロジェクトのページは以下のURLとなります。クラウドファンディングの前にそもそもRice Wareがなんなのかよくわからない!という方にも、非常にわかりやすい内容となっております。
http://www.makuake.com/project/riceware/
 
みなさんにご支援いただく御礼に、先行予約を割引価格でお受けします!という感じですね。こうした活動により、より多くのRice Ware製品を日本に上陸させることができれば、と思っています。
 
人と地球にやさしいRice Wareのクラウドファンディング挑戦、是非ご支援のほどよろしくお願いいたします!
 
kidsp640

 
 
限りなく天然に近いテーブルウェア「Rice Ware」の公式オンラインショップへ>>

投稿日: カテゴリー BLOG石油製品ではありません にコメントを残す

石油製品ではありません

Rice Ware製品は、石油性物質を一切使っていないのも特徴のひとつです。
 
ところが「天然植物繊維使用」と謳っているテーブルウェアの中にも、強度を保つため等の理由で、石油性物質を多く混ぜている製品があります。環境製品としてのコンセプトには共感いたしますが、せっかくなら天然というキーワードにこだわりたいものですね。
 
はたしてRice Ware製品はどうなのか?思い切って燃やしてみました。短い動画ですので、是非ご覧ください!
 
 

 
安心と安全にこだわった、限りなく天然に近いテーブルウェア「Rice Ware」。
 
お問い合わせや販売パートナーに関するご相談は、以下のフォームからお願いいたします。